子育て

完ミやミルク育児にあると便利なおすすめグッズ5選!

ミルク育児

ママ猿
ママ猿
母乳のつもりだったけど、ミルク育児になりそう。退院までにミルク育児のグッズを購入しなきゃ!何が必要なんだろう?

これは、出産後にまさかのミルク育児になりそうで、慌ててミルク育児グッズを揃えたときの私の焦りの声です笑。私は、ミルク育児って母乳より大変そう、という先入観しかありませんでしたが、ミルク育児を経験した私が思うミルク育児に必要なものは、ミルク以外に次の5つだけです。

これを見れば、安心してミルク育児を始めていただけると思います!

哺乳瓶

これは必須の道具だけに、選択肢が多く、奥が深いです。

私は最初、産院で紹介してもらった「母乳相談室」を使用していましたが、生後1か月経った頃から、吸う力が強い息子が吸うと、息が抜けているような苦しそうな音が出るようになってきたので、別の哺乳瓶の検討を始めました。

ネットで調べて購入したりもしましたが、口の脇からミルクが漏れてきたりと、どれも不発で息子には合わなかったので、最後の頼みの綱である知り合いの保育士さんに、働いている保育園で使用している哺乳瓶を教えてもらいました。

その哺乳瓶は息子にも合っていて、2歳になった今も寝る前のミルクタイムに使用しているので、ここでご紹介したいと思います。

もちろん、他のものでも赤ちゃんが飲みやすいものならなんでもOKです!

そして、ミルク育児の場合は、同じ哺乳瓶を3本は用意しておくことをおすすめします!後でご紹介する哺乳瓶の除菌ケースが3本入りなのと、3本をローテーションして使用することで乳首の摩耗がゆっくりになると思いますし、育児に忙しくて哺乳瓶の洗いが追い付かない場合にも便利だからです。


そして、哺乳瓶には、乳首が欠かせませんが、これは成長とともに大きさを変えていく必要があります。成長に合わせて買い替えてあげてくださいね。

調乳ポット

これは、沸騰したお湯を入れておけば、調乳に適した70度でお湯を保温できる優れものです。

お湯の沸騰も、湯沸かしポットを使わなくてもこのポットに水を入れて電子レンジで温めれば出来てしまいます。

私は、息子の離乳食が始まるまでは、朝起きたらお湯を沸かしてこのポットに入れるのが日課でした。


哺乳瓶の除菌&保管をするケース

産まれたばかりの赤ちゃんには、必ず殺菌した哺乳瓶を使用します。
これは、哺乳瓶を3本一気に電子レンジで除菌できしてしまう優れものです。
蓋をした状態で哺乳瓶を3本保存しておけてあまり場所もとらないので、私もいまだに使用しています。


哺乳瓶用の洗剤

ミルク汚れに強く、食品に使用されている成分だけで作られた洗剤です。

今は普通の洗剤を使用していますが、月齢の低いうちはこれを使っていました。

子どもにも安心して使用できる成分というのがうれしいポイントです。

 


洗浄グッズ

我が家は、哺乳瓶本体を洗うナイロンブラシと、乳首を洗う乳首ブラシを愛用していました。

清潔に長く使うために必須かと思われます!ぜひ揃えましょう。

 



便利グッズを使って、快適なミルク育児を行ってくださいね♪